GC8 前期型前置きインター
クーラー取付
         HPI製 
インタークーラーを取付ました。
HPIの物は、前期用です。
取り付けには、ノーマルのインタークーラ
ーエアクリーナーBOX、レゾネーター、タービン遮熱板などを外します。
長い間お疲れ様でした。

インタークーラー、パイピングがリーンフォースメント、ボディの干渉する部分を加工します。
仮組みの状態ですが、スッゴいレーシィになりました。
HPIのエアクリーナーもキットに入っています。

バンパーと干渉する部分を削って
装着完了。
お客様の要望でステーを造ってナンバー
を移動しました。

GC8は、もう2代前のモデル
になってしまいましいたが
マダマダ現役ですので
前、中、後期問わず、メンテナンス、チューニングしていますのでお気軽にお問い合わせ下さい

GC8 クスコ ターマックギア 取付

インタークーラー、フロントパイプなどを
取り外しトランスファーケースエクステン
ションを外してセンタービスカスとターマック
ギアを交換

ターマックギアとセンタービスカス
ベアリング付きなので差し替えるだけです。

ターマックギアで常時F35%R65%の

トルク配分にしてFR感覚でドライビング

を体感できる様に変身。

ターマックギア取り付け、ショートパーツ、オイル込みで
約193,000円(09年6月現在)オイルの種類、パーツ代
により変わります。

GC8 F型 トラストオイルクーラー取付
トラスト製 オイルクーラースタンダード13段
筑波の本コースで油温が上がり気味なのと
富士の走行会に参加するので装着。

ノーマルエアクリナーBOX使用の為吸気温度
センサーがあるのでインテークパイプを
使いたいのでレゾネーター部をカットして穴を
塞いで取付。
A〜C型とキノコタイプのエアクリーナーは、
取り外し。

ノーマルのエキマニカバーがオイルブロック
と干渉するのでカット。
油温、油圧計が付いているのでセンサー
アダプターを2個使用。

ポン付けだと、下に結構出っ張るのでなるべく
上に通したいのでランマックス製のファイヤー
スリーブを使ってエキマニの高温から保護。
マニホールドカバーもカットして配管。

オイルクーラー装着完了。
ノーマルの外観を崩したくなかったので
ノーマルダクト部を使って少しでも
冷えるように加工。

top
impreza